目の下のクマが悩みでフェイシャルエステに行きました

目の下のクマが悩みでフェイシャルエステに行きました

朝起きて鏡を見ると、目の下にできているクマでため息をつく毎日です。

 

間の下のクマは、疲れや不摂生のシンボルのように言われるので、コンシーラーで必死に隠しています。

 

クマは大きく分けて3つの種類に分けられるようで、それぞれ原因も対処法も違うんだそうです。

 

フェイシャルエステに行って、なんとかクマをなくそうと考えていたのですが、いろいろと教えてもらえました。

 

青クマ

 

目の下の皮膚が薄いために、静脈の色が透けて見えて、青クマとなります。

 

血行不良で悪化するので、睡眠不足や疲労を貯め込まないようにしないといけません。

 

自分でお風呂やマッサージなどでケアすることができます。

 

血行を良くすることに注意をすればいいのですからね。

 

シャワーではなくてバスタブにつかり、顔をマッサージして血流を良くします。

 

顔を温めたり冷やしたりを繰り返すのも効果があります。

 

茶クマ

 

目の周りの炎症性色素沈着でできるクマです。

 

目の周りをよくさする人が出来やすいですし、炎症が残りやすい体質の人も出来やすいようです。

 

とにかく目の周りを触らないようにするのが大事ですね。

 

かぶれを起こすのも問題ですので、化粧品選びも注意しなければいけません。

 

間違ったマッサージは色素沈着をひどくしてしまうようですので、独自でマッサージをしないほうがいいですね。

 

たるみクマ

 

目の周りには目を守るクッションの役目として脂肪があって、眼窩角膜に包まれます。

 

この眼窩角膜は廊下で緩んでくると、目の下の脂肪が前に飛び出して、その影がクマのように見えます。

 

たるみが悪化しないようにマッサージをするのがいいですね。

クマを目立たなくするための生活

シャワーでなくバスタブにしっかりとつかる

 

真夏などには特に多いですが、シャワーでお風呂を済ませることを少なくします。

 

夏でもバスタブに入って、湯船に入る習慣をつけるのがいいですね。

 

体の血行を良くするのがクマをつくらないことに効果がありますし、皮膚の保湿にもなるのでシワを防止することにもなります。

 

顔と体のマッサージを習慣にする

 

顔や体のマッサージをする習慣をつけるのがいいですね。

 

クマ予防にもいいですし、ダイエットのためにも続けたい習慣ですね。

 

マッサージクリームを使って滑りやすくするのがポイント。

 

肌をさすり過ぎないようにマッサージをします。

 

目の周りは何があってもさすらない

 

目がかゆければ目薬を使ったりして、目の周りをさすらないようにします。

 

花粉症の時期には特に注意が必要ですね。

 

アイメイクを落とす時にもアイメイクリムーバーを使って汚れを浮き上がらせて落とします。

 

目の周りをさすってクレンジングするのは気をつけたいですね。

 

化粧品との相性を見極める

 

目の周りは顔の中でも特に皮膚が薄くて敏感です。

 

基礎化粧品もメイク用品も肌に合ったものを選びます。

 

肌に合わないと思ったらすぐに使用を中止するようにします。

 

目の周りのかぶれは炎症性の色素となるので、残りやすくなります。

 

感情筋を日々鍛える

 

顔には表情筋が30種類もあります。

 

目の周りの表情筋を鍛えることで、目の下のたるみを予防します。

 

顔のエクササイズをするよりも、表情を豊かにすることに意識を持った方がいいです。

 

無意識だと使わない筋肉を効率よく鍛えるように、鏡を見ながら表情のチェックをするのもいいですよね。

消えないクマの対処法

青クマやたるみクマにはジェネシスを照射するのが効果があるようです。

 

ジェネシスを照射している間は温かさを感じる程度で、痛みはないようです。

 

血行を促進して、皮膚の中の繊維芽細胞を活性化してコラーゲンの産生を促すことになります。

 

数回治療を受けて状態が改善したら、月に1度くらいのメンテナンスをするのがいいようです。

 

 

 

茶クマにはハイドロキシンが効果があるようです。

 

炎症性の色素沈着が原因の茶クマには市販の化粧品による美白では効果がないようです。

 

ハイドロキシンをクリニックで処方してもらう方法が効果があります。

 

 

 

たるみクマにはヒアルロン酸を注入するのがいいようです。

 

芽の下の脂肪が前に飛び出してしまった、たるみクマには目の下のくぼみの部分にヒアルロン酸を注入します。

 

塗る麻酔を使って注入をすれば痛みはないようです。

 

脂肪を取り除いたり、脂肪をたるみ下のくぼみに移動したりする手術も有効とのことです。

 

年齢が上の人はかえってくぼみが目立ったり、眼の下にシワが増えたりすることもあるようです。